世界の屋台飯

世界の屋台飯

旅行の楽しみといったら、お食事ですよね!
「そんなことはない!芸術を楽しんだり、異文化を体験したり、たくさんありますよ!」というご意見もあるかと思いますが、今回はお食事、その中でもおすすめ屋台飯をご紹介したいと思います。

アメリカの屋台

映画やドラマなどでもご覧になったことがあるかと思いますが、アメリカの屋台はワゴンタイプのものが主流です。ホットドックやハンバーガーだけではなく、ニューヨークのような多国籍の町では、南米のタコスや中東のケバブなど、いろいろな食文化を屋台で楽しむことができます。

ドイツの屋台

なんといっても、ソーセージです。
駅構内でよく見かけますが、茹でたり焼いたりした極太ソーセージにザワークラウトがそれられた極上の一品を食べることができます。ビールによく合います。
ユーロ圏は、物価が高く、気軽に外食ができませんが、屋台の軽食などは庶民的な価格でお財布に優しいです。

オランダの屋台

生ニシンをマリネしたハーリングが有名です。
ハーリングとキュウリのピクルスと玉ねぎをコッペパンで挟んだブローチェ・ハーリングも大人気です。パンにお魚を挟むのは、ベトナムのバインミー・カーもありますが、日本には無い感覚ですね。でもとてもおいしいので、是非チャレンジしてみてください。

イギリスの屋台

イギリスは、お料理はいまいち・・・というお話しをよく耳にしますが、そんなことはありません。イギリスの各地域には、大小さまざまなマーケットが開かれ、イギリスのお料理として有名なフィッシュ&チップスだけでなく、アジア、アフリカ、ヨーロッパなど、世界各国のお料理を屋台で楽しむことができます。

最近は、日本食ブームで、海外の屋台でも、たこ焼き、日本風ラーメン、てんぷらなどが人気になっているそうですので、アメリカドイツオランダイギリス、その他いろいろな国でその国の文化を取り入れた日本食屋台を見つけたら、是非チャレンジしてみてください。