個人旅行者向け 現地空港からホテルまでの移動のすすめ

個人旅行者向け 現地空港からホテルまでの移動のすすめ

旅行会社が企画する海外旅行ツアーではなく、海外格安航空券を利用して海外旅行を楽しむ方が増えています。

格安航空券と現地ホテル宿泊代金、そして現地空港からホテルまでの送迎がついているセットが安くて安心で人気の時代もありました。
しかし、最近、フットワークが軽く、海外旅行に慣れている方々は、インターネットでお手頃価格の海外格安航空券を探し、出発時間もスケジュールに合わせて選択して、自分仕様の旅行計画をたてていらっしゃるようです。
弊社のインターネットで24時間いつでも格安航空券を検索できるシステムのご利用者も、年々増加しています。

ところで、慣れていない国を訪れる場合、ガイドブックでいろいろ現地情報を集めると思いますが、まずは空港到着後どうやってホテルに向かうかが第一関門ではないでしょうか?
英語や現地の言葉を話せるとしても、個人的にタクシーに乗るのは非常に危険で不安です。
バスは行先と運賃が決まっていますが、言葉が通じない場合は、どこを走っているのか、どこで降りたらよいのかわからず、やはり不安ですね。

そのような不安を解消するために、「電車」をおすすめします。
海外の電車は、日本ほど時間が正確でないとは言いますが、最近はそのようなことはありません。特に観光に力を入れてきた国の鉄道の発展はめまぐるしいものがあります。

韓国(ソウル)【仁川国際空港・金浦国際空港】の空港鉄道 AREX(エーレックス)

一般列車(すべての駅に停まります)と直通列車(ノンストップで走ります)の2タイプの列車が運行しています。

一般車両は、日本の山手線や地下鉄のような座席の普通の車両で、各駅に停車して、大体15分間隔で運行しています。
直行列車は、仁川空港→ソウル駅 約1時間で運行していて、成田エキスプレスやスカイライナーのような感じで、30分〜50分間隔運行、全席指定、車内にはトイレもあります。

到着ロビーに出るとAREX(エーレックス)乗り口はとてもわかりやすく、電車に乗っていても、到着駅の情報が、日本語でも案内されますので、個人旅行者にはおすすめの交通機関です。

台湾(台北)【桃園国際空港】・・・桃園機場捷運(Taoyuan Airport MRT)

桃園国際空港と台北市内を結ぶMRT空港線で、2017年3月に開業しました。
こちらも、各駅停車と急行があります。日本の地下鉄と同じような内装で、路線図も張り出されていて、電光掲示板もあります。表示は英語と中国語のみですが、漢字なので、日本人には安心です。
所要時間は、各駅停車は約45分、急行は約35分です。指定券も不要で、運賃は変わりませんので、ホームに入ってきた電車どれに乗っても大丈夫です。
MTRが開通するまでは、台湾を個人旅行する場合の空港から市内への交通機関は、リムジンバスかタクシーしかなく、台湾旅行者にとってこれは最大の不安材料でしたが、これで今まで以上に気軽に台湾旅行が楽しめるようになりました。

香港【香港国際空港】のエアポート・エクスプレス(機場快線/AEL)

香港国際空港と香港、九龍、青衣の各駅を時速135キロの高速で結んでいる電車です。
香港駅まで24分、九龍駅まで21分、青衣駅まで13分と超高速で到着します。
運賃は少し割高ではあるのですが、オクトパスカードを利用し、エアポート・エクスプレスから1時間以内にMTR各線へ乗り継ぐ場合、MTR運賃が無料となるという特典があります。
他にも、地下鉄(MTR)、空港バス、タクシー、エアポートシャトルバスやエアポートリムジンと複数の交通機関があり、香港国際空港から市内へのアクセスの良さは高く評価されています。

日本から近く、直行便も多く運行している、日本人に人気の海外渡航先のうち空港から電車でアクセスできる国(韓国台湾香港)を、3つピックアップしてご案内しました。
鉄道のメリットは、時間が正確で、行先に間違いが無く、値段が決まっている点です。
国によっては、電車はもちろん、バスも運行しておらず、タクシーかレンタカーしか市内に出る方法がないという国もあります。
安全で割安で、快適な交通機関が整っている国を探してみてください。