ブリットレイルパスでイギリス旅行

ブリットレイルパスでイギリス旅行

イギリスの旅行番組をみていると、国内の移動手段としてよく電車が使われています。
日本と同じように飛行機の国内便もたくさん運航しているので、スケジュールが決まっている旅の時は、日本から乗り換え便を予約して地方都市にそのまま行く方が便利ですが、2週間くらいかけて、ツアーに参加せず個人旅行で複数の街を訪れたいという方にはブリットレイルパスがおススメです。

ブリットレイルパスは、パスで選択した国以外に居住する旅行者が購入し使用することができます。

ブリットレイルパスの種類

・ブリットレイルパス
  イングランド、スコットランド、ウェールズの鉄道に乗り放題
・ブリットレイル イングランドパス
  イギリスだけ鉄道乗り放題
・ブリットレイル ロンドンプラスパス
  ロンドンとその周辺地域だけ乗り放題
・ブリットレイル スコティッシュハイランドパス
  スコットランドの北部が乗り放題
・ブリットレイル スピリッツ オブ スコットランドパス
  スコットランド全域が乗り放題

このように複数の種類がありますが、ちょっとした週末旅行ではなかなか行けない国ですので、イギリス中をまわることができる「ブリットレイルパス」で、ロンドン市内だけに留まらず、オックスフォードでハリーポッターや不思議の国のアリスの世界感を感じたり、電車で行くと便利なストラトフォード・アポン・エイヴォンのロイヤル・シェイクスピア劇場で観劇をしたり、ピータラビットで有名な湖水地方などに足を伸ばすのもいいですね。
これらすべてをまわりきるのは無理ですが、オックスフォードなら電車でロンドンから日帰りで行って帰って来ることも出来ますのでロンドンを拠点にして是非訪れてみてください。

そして、スコットランドへの特急列車にも「ブリットレイルパス」なら乗り放題なのです。
ロンドンから電車で行きやすいところを数箇所訪れた後に、数日かけてスコットランドも旅して下さい。
スコットランドの首都エジンバラは「旧市街」「新市街」があり、世界遺産にも登録されている歴史的な建造物や美しい城壁などを観ることが出来ます。スコッチウィスキーやタータン、バグパイプなども有名ですが、観光地として非常に魅力的な場所です。

最後に、ウェールズですが、この地方の観光地としての魅力は何といっても大自然、そこに溶け込む石造りの街並みです。「天空の城ラピュタ」の舞台と言われているらしいです。
ウェールズは、ツアー旅行では組み込まれていることが少ないので、自由旅行でイギリスに行かれる方は是非訪れて下さい。

日本でブリットレイルパスを購入しておけば、最初に電車に乗るときに駅員さんにスタートのしるしの印を押してもらって、あとは乗り降りの時に見せるだけで良いので、英語でチケットを買う必要がありません。
例えば行き先がうまく伝わらずチケットを買い間違えることもないですし、うっかり乗り間違えてしまったとしても買い直しの必要はありません。

旅行期間中すべてブリットレイルパスを使わなくても、3日間、4日間、8日間というように期間を選べますので、旅の目的、スケジュールに合わせて的を絞った使い方をしましょう。

イギリス・・・正式には「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」は、「イングランド」「ウェールズ」「スコットランド」「北アイルランド」の4つの地方で構成されています。ブリットレイルパスの範囲に、北アイルランドは含まれていないのでご注意下さい。
日本とは全く異なる文化や歴史、自然を持つイギリスは、一度と言わず繰り返し訪れたい国として、いつでも大人気です。夏休み前のシーズンオフに、格安航空券を使って是非訪れてみてください。イギリスの初夏は清々しい陽気で、地方を散策するのにもおすすめの季節です。
タイリクトラベルサービスでは、イギリスや、パリローマバルセロナなどのヨーロッパ諸国の格安航空券も取り扱っております。訪問地国内の移動についても是非ご相談下さい。