海外旅行中の服装のすすめ

海外旅行の準備の中で一番悩む点は、旅行中の服装ではないでしょうか?

海外旅行中の服装の注意点

1.肌の露出が多い服装には要注意

海外旅行中の服装のすすめ

お寺や教会、モスクなど宗教関連の施設内に入る際の服装は気を付けないといけない場合があります。ショートパンツやサンダルがNGとなることもあります。
暑くても、見学場所によって服装にはご注意ください。
インドネシアなどイスラム系の国に行くときは、絶対に守らなければいけないルールです。少しくらいなら・・・は禁物です。

2.旅の目的に合った靴を準備しましょう

海外は石畳の道や、舗装されていない道路も多くあります。観光中はたくさん歩いてたくさんのものを見て回りたいので歩きやすい靴を準備しましょう。
素敵なレストランでお食事の時などはおしゃれも必要です。高級なレストランでは、サンダルやミュールでは入店できない場合もありますので、事前によく調べて、必要な場合はパンプスを持参してもよいでしょう。

3.派手な服装は慎みましょう

日本で流行っている服装、こだわりの服装、ブランド物など皆さんがいつも身に着けている服装は、現地ではどう映るか想像しましょう。
日本ではいろいろなファッションが受け入れられていますが、渡航先の文化や風習などに合わない場合、悪目立ちする可能性があります。犯罪などに巻き込まれかねないようなかっこうは控えましょう。ハイブランドの物を身につけていると、スリの標的にされることもあるので注意が必要です。
その土地に合わせた行動をすることも、海外旅行を安全に、快適に、楽しむ秘訣です。

その他、バンコクやマニラのような暑い都市でも、ホテルやレストランの中など、場所によってはエアコンが強く、寒く感じることもあるかもしれないので薄手のカーディガンを持参してもよいですね。アジアの暑い地域へ行く場合は、「現地で安くそろえればいい!」という方もいらっしゃいますが、昔と違って日本のお店の方が安く服が手に入る場合もあり、痛い出費になってしまう可能性もあります。せっかく格安航空券で海外旅行を計画するのですから無駄な出費をしないで済むように出発前にしっかりと準備しましょう。
格安航空券で海外旅行をするとき、航空会社によっては機内で毛布などの防寒具の貸し出しがない場合もあります。機内でのエアコン対策としても役に立ちます。

バンコクマニラは、冬から春にかけてベストシーズンといわれています。ほとんど雨が降らず乾燥した爽やかな季節をお楽しみください。
格安航空券で旅行をする場合、LCCのような機体の小さな飛行機になる場合もあり、荷物の個数と重さの制限があります。あまりにも用意周到にお洋服を準備して、せっかく格安航空券が取れたのに、追加料金を取られてしまうようなことのないように、お荷物はできるだけコンパクトにしましょう。