LCCを利用して格安海外旅行!

LCCを利用して格安海外旅行!

できるだけ安く海外旅行をするために、インターネット検索などで「香港格安航空券」とか、「台湾格安」など、海外格安航空券を目指して探す方が多いと思います。

この場合、航空会社が選べる場合と、選べない場合があり、選べなかったとき、最近はLCCであることも多くなりました。
日本では主に、Jet Star、Vanilla Air、PEACHなどが主流ですが、ニュースでも取り上げられていますので乗ったことの無い方でも、LCCがどのような感じか、ご存知の方が多いと思います。Low Cost Carrierの略でその名の通り、チケットの販売時から、発券、機内でのサービスにまで、できる限りのコスト削減を実施しています。

コスト削減1・・・チケットは郵便で届かない

旅行会社で予約をしても、チケットは郵便では届かず、メールや確認用のサイトで内容を確認することになります。パスポート情報を登録していますので、チェックイン時には、パスポートを自動チェックイン機で読み込ませるだけで手続きが終わります。
会社によっては、オンラインチェックインが必須となる場合もありますので、各旅行会社、各航空会社の指示には注意してください。
郵便が間にあうか?受け取れるか?というドキドキが無くなったという点は大変なメリットと言えます。

コスト削減2・・・預けられる荷物は1個まで!

これは実際に飛行機の小ささを目の当たりにしたら、一人一個の制限は納得です。個数だけでなく、重量、大きさにも厳しい決まりがあり、オーバーする場合は、追加料金が必要となります。
しかし、これは、旅慣れてしまえば問題ありません。格安航空券で行く海外旅行は、一人で移動しなければならないことも多く、現地での移動を考えると、荷物は最小限に抑えて身軽に動けるように工夫が必要です。

コスト削減3・・・機内サービスが必要最低限!!

これはニュースでも話題になったほど、本当に必要最低限で、機内食や飲み物の無料サービスは無いことがほとんどです。会社によっては水までも有料としているところもあるようです。
飲食物の機内持ち込みを禁じているところもあるそうですので、事前に状況の確認をしましょう。

もしも、機内持ち込みが可能であれば、「空弁」を楽しめます。軽く済ませたいというときは、空港内のパン屋さんで、おいしいパンを買って持ち込んでもよいでしょう。ただし、匂いには気を付けて下さいね。そして、ペットボトルなど飲み物は、手荷物検査で制限されていますので、出国審査も終わった後に、免税店等の店舗で購入しましょう。

コスト削減4・・・小さい機体!!!

燃費の良い小さな機体が求められるようになったのは、時代の流れかもしれませんが、ジャンボジェット機に乗ってきた世代の方々にとっては、LCCの機内の狭さには少し抵抗があるかもしれません。しかしそれがコスト削減を実現するための大きな要因でもあります。
まずは、韓国、台湾、香港など近いところから試してみてください。快適に過ごすための工夫をして、格安の旅を存分に楽しみましょう。

格安航空券には、「格安」の理由があります。
 ・企業努力で正規料金を安くしている場合(LCCと呼ばれる比較的新しい航空会社です)
 ・一定の条件(予約の期限など)をつけて正規料金から割引している場合
  (JALやANAなどのおなじみの航空会社が多いです)
それぞれの特長を知って、上手に活用したいものですね。
海外格安チケットをお求めの際は、タイリクトラベルサービスをご利用ください。
オンライン予約も24時間受け付けているので、格安航空チケットで旅行へ行きたい!と思い立ったらすぐにタイリクトラベルサービスHPをチェックして下さい。