機内持ち込み手荷物のルール

機内持ち込み手荷物のルール

ここでは、機内に持ち込める手荷物のルールを簡単にお話しします。以下のルールをご覧になり、実際にご利用される航空会社の基準も確認していただければ、ご搭乗前にあたふたすることなく、スムーズに検査を通過できると思います。
離発着する国・都市によって対応が異なることもあります。乗継便の場合は乗り継ぐ国・都市の条件もありますので事前確認をしっかりしてご準備ください。

ライターやマッチは持ち込める?

ライターもマッチも預け入れはできません。ライターとマッチ、1人につき合計1個だけ持ち込むことができます。
持ち込みできるライター・マッチの種類は下記の通りです。

・使い捨てライター
・注入式ガスライター
・吸収剤(綿)入りのオイルライター(ZIPPOなど)
・安全マッチ

持ち込み時は「液体物袋」へ入れましょう。

品名 持込 預入
ライター・マッチ ×

【注意】オイルタンク式ライターなどは持ち込めません。
また、ZIPPOは出発国や航空会社によって対応が異なるので注意してください。
中国やインド発の便では、ライターやマッチは持ち込みも預け入れもできません。

電池・バッテリーは持ち込める?

海外旅行の際、現地での情報収集にも便利なスマートフォン・PC等を持って出かけられる方がほとんどでしょう。電池切れに備えて、予備バッテリーを持っていく方もいらっしゃると思います。スマートフォン・PCの本体に入っている電池・バッテリーは問題なく持ち込み・預け入れができます。予備バッテリーもほとんどが持ち込み可能です。

品名 持込 預入
乾電池、ニカド電池、ニッケル電池
リチウム金属電池(単体)
※リチウム含有量2gを超えないこと
×
リチウムイオン電池(単体)
※160Whを超えないこと(100Whを超えるものは、1人2個まで)
×
携帯電話・スマートフォン・タブレット・PCの本体に入っている電池・バッテリー
USB式・乾電池式の充電器

【注意】リチウムイオン電池の持ち込み可能条件「160Whを超えないこと」に引っかかるバッテリーは、かなりの大きいものなので、お持ちの方は多くないと思いますが、不安な方は事前にご確認ください。バッテリーのワット時定格量(Wh)の計算方法は・・・
@ワット時定格量(Wh) = 定格定量(Ah) × 定格電圧(V)
Aワット時定格量(Wh) = 定格定量(mAh) ÷1,000× 定格電圧(V)
※ほとんどのバッテリーに記載されている定格定量は「mAh(ミリアンペアアワー)」だと思うので、Aの式で計算してみてください。

 豆知識 - リチウムイオン電池はなぜ危険?

それは・・・リチウムイオン電池は衝撃や温度などの原因で発火・爆発する恐れがあるとされているからです。携帯電話の電池が発火する、などのニュースをご覧になった方も多いと思います。預け入れできないのもそのためです。たくさんの荷物を積み込むため、衝撃を受ける可能性に配慮しての対応です。飛行中に発火などの事態が起きると大変なことになるため、注意をして取り扱うことになっています。
リチウムイオン電池かどうかわからない場合は、電池の本体を見てください。「Li-ion」と書いてあれば、リチウムイオン電池です。

スプレー類は持ち込める?

整髪料以外にも、スプレータイプのものはたくさんありますよね。制汗剤や消臭剤、シェービングフォームや虫よけなど、お持ちになる方も多いと思います。日焼け止めや虫よけのスプレーは持ち込むことができますが、持ち込むときは「液体物袋」に入れ、荷物の中でスプレーが押されて噴射することがないよう、キャップをはめて保護しておいてください。

品名 持込 預入
化粧品類のスプレー
(ヘアスプレー、制汗スプレー、消臭スプレー、シェービングフォームなど)
※容器のサイズが100ml(g)以下であれば持ち込み可能
医薬品・医薬部外品のスプレー
(消毒スプレー、虫よけスプレーなど)
日用品・スポーツ用スプレー
(冷却スプレー、防水スプレー、除菌スプレーなど)
※引火性ガス・毒性ガスも使用されていないものに限り、預け入れ可能
×
その他、工業用スプレー × ×

【注意】日用品・スポーツ用スプレーの本体に「火気と高温に注意」という表示がある場合は、引火性ガスを使用している製品なので持ち込めませんので事前に確認しておいてください。

爪切りは持ち込める?

爪切りやT字カミソリ、鼻毛や眉を整えるはさみ、携帯用の裁縫セットのはさみなど、先がとがっていないもので、なおかつ小型のものであれば持ち込み・預け入れが可能です。
ナイフ(小型ナイフも含む)、カッター、はさみ、ダーツの矢などの刃物やとがったものは持ち込みできません。預け入れることは可能です。
傘は先がとがっていないものであれば、持ち込み・預け入れができます。

品名 持込 預入
爪切り、鼻毛や眉を整えるはさみ、携帯用裁縫セット
ナイフ、はさみ、カッターナイフ ×
傘(先が鋭利でないものに限る)

【注意】一般的な航空会社では、小さなはさみ(とがっていないもの)は持ち込み可能、と記載されていますが、没収されてしまうケースも中にはあるようです。機内で使う予定がなければ、預け入れ手荷物に入れておく方が安心です。

スポーツ用品は持ち込める?

ゴルフクラブやスノーボード、スケボーを持参される方もいらっしゃると思います。基本的には機内に持ち込むことができない、と思っておいた方がよさそうです。

品名 持込 預入
ゴルフクラブ、竹刀、バット ×
釣竿、ストック、スノーボード、スケートボード
※60cm以下であれば持ち込み可能、60cm以上は預け入れのみ

 豆知識 - 海外でスキーを楽しむなら?

スキー旅行を計画される方には、ニュージーランドやオーストラリアが人気です。特におすすめはオーストラリア。治安も良く、体験できるアクティビティも多数なので、スキー「+α」が楽しめるのが魅力です。シドニーやキャンベラ、メルボルンなどの空港からスキー場へのシャトルバスやスキーツアーも多く出ているので、アクセスも快適です。格安航空券を使って気軽に楽しめる大自然の中でのスキー、リピーターが多いのもうなずけます。

工具は持ち込める?

工具を持っていく、という方はあまりいらっしゃらないと思いますが、念のため条件を確認しておきたいと思います。

品名 持込 預入
ハンマー、キリ
※即凶器として使うことができるもの、なので持ち込みは不可
×
ドライバー、スパナ、レンチ、やすり
※長さが15cm以下であれば持ち込み可能
携帯用小型工具セット(キリのようなものが入っていないこと)

【注意】15cm以下の小さい工具であれば持ち込み可能となっていますが、検査員の判断で没収されることもあるようです。機内で使用する予定がなければ、預け入れ荷物に入れておくのが安全です。また、テロ対策などの観点から荷物検査に時間がかかる場合があるので、できるだけ持っていかない方が良いでしょう。